companyname
代表インタビュー “想い編”|オーナー様向けのFC加盟・飲食店業務提携事業「有限会社いのいち」

INTERVIEW代表インタビュー

INTERVIEW“想い編”

一緒に走っていける人たちと
仕事をしていきたい

Q.どんな想いで、会社を18年経営しているのでしょうか。

誰しもが考え方は時代と共に変わっていくけれど、何時何時も従業員さんたちと同じ方向を向いて走っていきたい、一緒に走っていける人たちと関わりながら仕事をしていきたい、という気持ちを持ち続けてここまで会社を続けてきました。

人生の大部分を占めているのが「仕事」なので、「食を通して関わる全ての人の幸せを創造しよう」という経営理念を一緒に確立していってくれる人たちと気持ちよく仕事がずっとできたらいいなと想っています。

Q.どんな会社にしたいですか。

根本には、「ワクワク、楽しくしたい」というものがあります。

どんな人生を送ってもらいたいか、自分が送りたいか。一生懸命働いてくれる仲間の幸せを作るのも仕事だと考えています。

スタッフさんありきのお店なので・・・時に勉強、時に厳しく。しかしその中で、“あそび”も大事にしていきたいと思います。楽しいこと、ワクワクすること、を仲間と一緒に体験していきたいです。

新しい場所では新しい人々と出会い、ずっとあるとろにはさらに根付いていく、「地域の人々から必要とされるお店作りをしていこう!」って思えるスタッフさんが必要です。そんな仲間と共に、いのいちを大切に育てていきたいです。

Q.「地域への想い」を教えてください。

商店街や商売をしている人など、地元の人たちとたくさん会話をして仲良くなりたいです。

例えば小さい頃に、「学校帰りにお肉屋さんでコロッケを食べたり」とか、「こっちに行ったら、駄菓子屋さんの裏でラーメン」だったり・・・「その地域ならではの味」の思い出が、誰しもあるかと思います。

そしていのいちもそんなふうに、「あそこに行ったらこれが食べられるよね」と、地元の子たちが戻ってきたくなるような、懐かしんでもらえる味、身近に感じてもらえる「その地域ならではの味」にしていきたいと考えています。

また以前店舗にて、従業員さんが「お客様から『昨日美味しかったよ』や(雨で傘を渡して差し上げたことに対して)『ありがとね』や『こないだはどうも』って言われたことがすごく嬉しいです」と嬉しそうに言っているのが、「飲食店の醍醐味は結局そこなんだ!」と私自身もとても嬉しく思いました。

地域のお客様との会話を通して、地域の人に必要とされ、地域に永く愛されるお店にしてきたいと思っています。